イソフラボンについて

毎日のスキンケア☆エイジングケアに♪美容に話題のざくろエキス配合♪コラーゲン等美容サプリ...

大豆イソフラボンは天然植物のみ存在するフラボノイドの一種で、大豆胚芽に特に多く含まれています。
ダイゼインやゲニステインなど、15種類の大豆イソフラボンが確認されています。
イソフラボンは大豆のほかに葛の根などにも含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。
体内で女性ホルモンと同じような作用をするので、女性ホルモンに関係する症状の改善に効果があります。

1991年に米国立がん研究所(NCI)は、290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しました。
大豆イソフラボンは、骨粗しょう症や更年期障害、乳がんなどの女性疾患に対する有効素材として研究対象となっています。
イソフラボンが世界的に注目を集めたのは1996年にベルギーで開かれた「第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム」です。
イソフラボンがメインテーマと思えるほどイソフラボン関連の研究発表が相次ぎました。

また、1999年には米国の食品医薬品局(FDA)が、「大豆たんぱく質は心臓病の予防に役立つ」という健康表示を承認し、このことから大豆、そして大豆イソフラボンの健康への効果がいっそうの脚光を浴びることになたのです。
これは、日本は世界一の長寿国で、女性の更年期障害や骨粗しょう症などが比較的軽く、心筋梗塞などの心臓疾患も少ないことから、欧米の医学者が日本の伝統職を研究し始めたからだとされています。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.