イソフラボン で 美肌美白

女性ホルモンのエストロゲンは、男女ともに体内で合成、分泌され、微妙なバランスで身体全体の営みに関わっています。
エストロゲンは、女性の場合、排卵の準備をするホルモンで、生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まり、更年期に入ると分泌が急激に減少しはじめます。

では女性ホルモンが不足すると、どのような症状があるのか見ていきましょう。
皮膚において、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成力が低下し、その結果、肌の弾力が低下し、肌は女性らしさを失っていきます。
新陳代謝の機能が低下し、シミや色素沈着が起きやすくなります。
男性ホルモンが過剰になります。
体毛が濃くなり、前頭部の髪が薄くなります。
皮脂の分泌が増えるため、ニキビ、湿疹、フケ、油性皮膚、脱毛症が起きやすくなります。
思春期のニキビは性ホルモンの増加に伴う皮脂の過剰分泌が原因なのです。

イソフラボンはエストロゲンに似た化学構造を持ち、エストロゲンが不足した場合には補強するように働き、エストロゲンが過剰になると抗エストロゲンとして働くというように、女性ホルモンを適正量に保たれている状態を作ります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促し、つややかで張りのある肌を保ちます。
イソフラボンには脂腺抑制作用があり、ニキビ、湿疹、フケ、油性皮膚、脱毛症を予防します。

大豆をすりつぶして出てきた白い液体を豆乳といいます。
にがりを加えると豆腐になります。
今では身近な豆乳ですが、ほんの数十年前までは、豆乳を飲む習慣はありませんでした。
青臭さや渋みがあって、飲料としては普及しなかったのです。
飲料としての豆乳が登場したのは、1970年代に近代的な脱臭法が確立されてからです。
また、豆乳の原料である大豆の栄養素についても研究が進み、「畑の肉」として知られる大豆が注目を集めました。
豆乳は1980年代に一度ブームが来ていますが、このブームは長続きしませんでした。
急激な市場の成長の中、新規参入が相次ぎ、品質の悪い商品が出回ったため豆乳の評判が落ちたのです。
生き残ったメーカーは、豆乳の品質を更に向上させるべく努力し、地道な販促活動を続けました。
その結果、90年代中頃から販売量も増えていきました。
豆乳を使用したドリンクが人気のカフェチェーンから販売されたり、豆乳のデザートがコンビニの棚に並ぶなど、豆乳が生活に溶け込んでいきました。
代謝をアップして脂肪を燃焼したり、善玉菌を増やして詰まったお腹をすっきりさせたり、ダイエットや健康に対して効果があることが認められていきました。
女性ホルモンのような働きのイソフラボンや、保湿成分を持つコラーゲンの美肌効果が期待され、化粧品や脱毛ローションなどにも使われるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.