イソフラボン で 動脈硬化予防

脂質などの摂りすぎから血液中のコレステロール値が高い状態が続くと動脈硬化などの疾患を招いてしまいます。
血液中のコレステロールのうち、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが増加するからです。
逆に、善玉と呼ばれるHDLコレステロールは悪玉を減らす作用があります。
イソフラボンは、悪玉を減らし、善玉を増やすという理想的な効果を持っています。
また、血圧を低く抑える効果もあり、高血圧にも有効です。

豆乳とは、豆腐ができる前の白い液体です。
大豆から作ります。
中国では朝のスープとして日常的に食べられていた豆乳ですが、日本ではほんの数十年前まで豆乳を飲む習慣はありませんでした。
マメ臭さや渋みがあって、飲料としては普及しなかったのです。
独特な豆臭さを取り除く脱臭法が確立されたのが1970年代です。
それから飲料として登場しました。
また、原料の大豆も、研究が進むにつれて、その栄養素の高さが注目されました。
1980年代には一度豆乳ブームが来ています。
しかしブームに乗った新規参入メーカーの粗悪な豆乳が出回ったため、その後、販売量が大幅に落ち込みました。
生き残った豆乳メーカーは、豆乳の更なる品質向上を行い、地道な販売促進活動を続けました。その結果、90年代中頃から販売量も増えていきました。
豆乳を使ったドリンクを人気のカフェチェーンが販売したり、コンビニに豆乳を使ったデザートが登場するなど、豆乳が身近な食品になっていきました。
脂肪を燃焼させ、ダイエット効果もあるなど、健康にいいとの認知度が高まりました。
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンに美肌や美白効果が期待され、洗顔料や化粧品に使用されるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.