イソフラボンの副作用について

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしますが、ホルモンとは違い、弱く穏やかな働きをします。
自然に存在する成分で、薬ではないので、副作用の心配はないといわれています。
日本人は伝統的な大豆食品の豆腐、納豆、煮豆、味噌などを長年摂取しつづけていますが、イソフラボンによる健康への有害な影響が取りざたされたことはありません。

サプリメントについても、日常の食生活以外で大豆イソフラボンアグリコンとして1日30mgという数値を発表していますが、この量は毎日欠かさず長期間摂取する場合の平均値としての上限値であり、直ちに健康被害に結びつくというものではないと考えられます。

妊婦や子供、胎児については、十分なヒトの試験データがないため、伝統的な大豆食品に上乗せしてのサプリメントなどの摂取は奨められません。

豆乳とは、大豆をすりつぶして作る白い乳状の液体です。
にがりを入れて豆腐を作ります。
中国では朝のスープとして日常的に食べられていた豆乳ですが、日本ではほんの数十年前まで豆乳を飲む習慣はありませんでした。
豆のにおいや渋みが気になって、飲みにくかったからです。
独特な豆臭さを取り除く脱臭法が確立されたのが1970年代です。
それから飲料として登場しました。
また、原料の大豆も、研究が進むにつれて、その栄養素の高さが注目されました。
1980年代に、豆乳は一度ブームになりましたが、急激な市場の成長に乗った新規参入メーカーの粗悪品が出回ったため、豆乳の評判が落ち、販売量も急激に落ち込みました。
多くのメーカーが豆乳市場から撤退しましたが、生き残った豆乳メーカーは、豆乳の更なる品質向上を行い、地道な販売促進活動を続けました。
豆乳を使用したドリンクが人気のカフェチェーンから販売されたり、コンビニに豆乳のデザートが登場するなど、豆乳が身近になりました。
脂肪や糖の吸収を遅らせるとともに、代謝を活発にして脂肪を燃焼するなど、健康的なダイエット効果があることが知られていきました。
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンに美肌や美白効果が期待され、洗顔料や化粧品に使用されるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.