イソフラボン で がん予防

生活習慣と、がん、脳卒中、心筋梗塞などの秒胃のとの関係を厚生労働省が40〜59歳の女性2万人に対しての10年間に及ぶ追跡調査した結果があります。
この調査研究は、世界で初めてイソフラボンと乳がん発生率の減少との関係を示したとして注目されています。
それによると、イソフラボンを多く摂取している人ほど乳がんになりにくく、閉経後の女性に限ればその傾向がより顕著に表れました。

イソフラボンは化学構造が女性ホルモンに似ていて、女性ホルモンは乳がんの発生を促進することがわかっています。
しかしイソフラボンは、女性ホルモンの欠乏を補うとともに、女性ホルモンの分泌過剰を抑制する働きがあるので、女性ホルモン過剰による乳がんの発生を予防しているのです。
同じように、前立腺がん、子宮がんといったホルモン依存型のがんの予防にもイソフラボンが効果的であると考えられています。
またイソフラボンは、がんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用の働きも報告されていますので、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に対する有効性が期待されています。

豆乳とは、豆腐の製造過程でできる白い乳状の液体です。
中国では豆乳を朝のスープとして食べていましたが、日本では豆乳自体が食品であるとは考えられていませんでした。
豆臭さがあったり、渋かったりして、なかなか飲めなかったのです。
豆乳が飲料として登場したのは、近代的な脱臭法が確立した1970年代のことです。
また、「畑の肉」として知られている大豆も、研究が進むにつれて、栄養素の高さが注目されていきました。
80年代に一度豆乳ブームが来ましたが、長続きはしませんでした。
新規参入したメーカーの、品質の悪い商品が出回ったためです。
生き残ったメーカーは、豆乳の品質を更に向上させるべく努力し、地道な販促活動を続けました。その結果、90年代中頃から販売量も増えていきました。
人気のカフェチェーンが牛乳の代わりに豆乳を使ったドリンクを販売したり、コンビニに豆乳のデザートが並ぶなど、豆乳が身近になりました。
代謝をアップして脂肪を燃焼したり、善玉菌を増やして詰まったお腹をすっきりさせたり、ダイエット効果があることが知られていきました。
美白効果があることから、化粧品に使われるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.