イソフラボン で 骨粗しょう症予防

骨には、体内のカルシウムを貯蔵して、必要に応じてカルシウムを血液中に供給するという重要な役割があります。
つまりカルシウムの吸収と放出を繰り返しているのですが、正常な状態ではこのバランスが保たれていて、骨量が一定に維持されています。
バランスが崩れると骨代謝異常症という疾患になります。
この疾患の中で最も起こりやすいのが、骨粗しょう症です。
牛乳などでカルシウムを摂取しても、骨からカルシウムが溶け出していき、骨の密度が低く、スカスカの状態になり、骨折しやすくなるのです。

女性ホルモンのエストロゲンは、体内のカルシウムをコントロールする物質のひとつで、骨形成を促進し、骨からカルシウムが過剰に溶け出さないよう予防する働きもあります。
イソフラボンはエストロゲンと同じような作用をするので、女性ホルモンが減少し、骨粗しょう症になりやすくなる更年期の女性に有効と考えられえいます。

豆乳は豆腐の原料です。
大豆をすりつぶすとできます。
豆乳ににがりなどの凝固剤を入れると豆腐になります。
江戸時代の中頃には、庶民の間にも豆腐を食べる習慣が生まれたのですが、豆乳は飲まれていませんでした。
豆のにおいや渋みが気になって、なかなか飲めなかったのです。
豆乳が飲料として登場したのは、近代的な脱臭法が確立した1970年代のことです。
また、「畑の肉」として知られている大豆も、研究が進むにつれて、栄養素の高さが注目されていきました。
1980年代に、一度、豆乳市場の急激な成長がありました。
しかしブームに乗って粗悪な品質の商品を販売するメーカーが相次ぎ、豆乳の評判とともに販売量も落ち込みました。
生き残った豆乳メーカーは、豆乳の更なる品質向上を行い、地道な販売促進活動を続けました。
豆乳を使用したドリンクが人気のカフェチェーンから販売されたり、豆乳のデザートがコンビニの棚に並ぶなど、豆乳が生活に溶け込んでいきました。
代謝をアップして脂肪を燃焼したり、善玉菌を増やして詰まったお腹をすっきりさせたり、ダイエット効果があることが知られていきました。
イソフラボンの美肌効果や天然コラーゲンの保湿成分から、化粧品などにも使われるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.