イソフラボン で 更年期障害予防

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があり、脳下垂体から出される「性腺刺激ホルモン」の指令を受けて、卵巣から周期的に分泌されている。
更年期障害は、年齢とともに女性ホルモンが減少することで様々な症状が起こること。
疲労感、頭痛、動悸、腰痛、体の冷えやほてり、イライラや不眠など多様。
最近は若い世代でも更年期障害に似た症状が起こる。
食生活の乱れ、無理なダイエットが原因。

イソフラボンはエストロゲンと非常に良く似た構造をしています。
更年期障害の治療としては女性ホルモンの投与が一般的ですが、ホルモン剤は副作用の心配があります。
作用がおだやかなイソフラボンなら副作用の心配がありません。

豆乳は豆腐の原料です。
大豆をすりつぶすとできます。豆乳ににがりなどの凝固剤を入れると豆腐になります。
豆乳は昔からあったのですが、それ自体を飲む習慣は一部地域を除いてなかったようです。
マメ臭さや渋みがあって、飲料として一般的にはならなかったのです。
近代的な脱臭法で、豆乳独特の豆臭さ、青臭さを取り除けるようになったのは、1970年代からです。
そしてやっと豆乳が飲料として登場しました。
また、「畑の肉」として知られている大豆も、研究が進むにつれて、栄養素の高さが注目されていきました。
その後、80年代に豆乳ブームが起こりますが、その火はすぐに消えてしまいました。
ブームに乗って新規参入したメーカーが品質を保てなかったため、豆乳の評判が悪くなってしまったのです。
生き残った豆乳メーカーは、豆乳の更なる品質向上を行い、地道な販売促進活動を続けました。
人気のカフェチェーンが牛乳の代わりに豆乳を使ったドリンクを販売したり、コンビニに豆乳のデザートが登場するなど、豆乳が生活に溶け込んでいきました。
脂肪や糖の吸収を遅らせるとともに、代謝を活発にして脂肪を燃焼するなど、健康的なダイエット効果があることが知られていきました。
アミノ酸の洗浄成分や、植物性コラーゲンの保湿成分など、美肌効果があることから化粧品に使われるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.