イソフラボンの必要摂取量について

イソフラボンの、1日の理想的な摂取量は40〜50mgです。
豆腐なら半丁(150g)、きな粉なら20g、納豆なら1パック(60g)です。
平均的な日本人の大豆イソフラボン摂取量は、1日あたり18mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)で、過去30年間でほとんど変化していないようです。
イソフラボンを多めに摂取してしまっても体外へ排出されます。

豆腐は大豆をすりつぶして出てきた白い液体を固めて作ります。
固める前の液体が豆乳です。
豆乳は豆腐の原料ですから昔から飲まれていたように思いますが、実は豆腐を作るだけで、豆乳は飲まれていませんでした。
豆のにおいや渋みが気になって、飲みにくかったからです。
近代的な脱臭法で豆乳の臭みを取り除けるようになったのは1970年代です。
豆乳が飲料として登場したのはそれからです。
また、原料の大豆も、研究が進むにつれて、その栄養素の高さが注目されました。
1980年代に、一度、豆乳市場の急激な成長がありました。
しかしブームに乗って粗悪な品質の商品を販売するメーカーが相次ぎ、豆乳の評判とともに販売量も落ち込みました。
生き残ったメーカーは、豆乳の品質を更に向上させるべく努力し、地道な販促活動を続けました。
豆乳を使用したドリンクが人気のカフェチェーンから販売されたり、豆乳のデザートがコンビニの棚に並ぶなど、豆乳が生活に溶け込んでいきました。
代謝をアップして脂肪を燃焼したり、善玉菌を増やして詰まったお腹をすっきりさせたり、健康にいいことが知られていきました。
イソフラボンの美肌効果や天然コラーゲンの保湿成分から、化粧品などにも使われるようになりました。

イソフラボンのすごい効果

イソフラボンのすごい効果

イソフラボン と 美容

イソフラボン と 更年期

イソフラボン と 骨粗しょう症

イソフラボン と 動脈硬化

イソフラボン と がん

イソフラボンの必要摂取量

イソフラボンの副作用

リンク

Copyright (c) 2007 イソフラボンのすごい効果 All Rights Reserved.